2018年07月28日

ドイツの治安はいい?

ヨーロッパすべての国を見たわけではないので一概には言えませんが、ドイツの治安はかなりいいです。

というか、一番よかったです。

こんなにいいんだ!と。

スペインやイタリアは駅に必ずスリがいますし、バックのジップを普通に開けてきます(笑)

開けられたことあります^^;

なので、キョロキョロしながら歩かないといけません。

なんというか、空気感が違うのです。

フランスのパリも、駅を間違えると黒人だらけで、本当にここはヨーロッパか?と思うほど。

(パリは番号が大きい区ほど危険と言われる。)

危険と言っても、私自身、何かを盗まれたことはありません。

が、空気感が怖いのです。

これが普通のヨーロッパだとは思っているのですが・・・。


さて、ドイツなのですが、一切そういうピリピリ感がないのです。

まず、黒人が少ない。

黒人差別な訳ではありませんが、実際、犯罪を犯すのは移民の黒人が多いのは事実なので。

白人が多い印象ですね。

黒人を探すほうが難しいくらい。

気分的には、日本で歩いているのとほどんど変わらない安心感です。

(もちろん、日本よりはちゃんと緊張感を持った上での話し。)


フランクフルト、ミュンヘン、ベルリンに滞在したことがありますが、危険な目にあったことはないし、危険そうな目も一度もありません。


ドイツ以外の国で危ないなーと思った人であれば、ドイツはかなり安心して過ごせると思います。

長距離の電車で荷物を置いていても、他の国よりかなり安心して荷物を置いておけます。


もちろん、日本だって100%と安全とは言えないですし、どこの国でも100%ありません。

ただ、他のヨーロッパ諸国と比べたら、かなり安心できるよーということは、ここでお伝えしておきたいと思いました。

私がドイツ語を飛躍的に上達させたドイツ語勉強法はこちら✨
posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

ドイツ語:『好き』と言う動詞

好き』と言うドイツ語(動詞)はたくさん表現があるのです。

直ぐに思いつくドイツ語は、”lieben(リーベン)”でしょうか。

人や物、物事など”すっごく好き”やそのことを”とても愛している”と言うときに使います。

私はあなたを愛している。
Ich liebe dich.
(イッヒ リーベ ディッヒ)

私は音楽を愛している。
Ich liebe Musik.
(イッヒ リーベ ムジーク)

彼は彼女を愛している。
Er liebt sie.
(エア リープトゥ ジー)

私は日本食が大好きだ。
Ich liebe japanische Essen.
(イッヒ リーベ ヤパニッシェ エッセン)


などなど好きでも”特別好き”、
大好きなの”を表現したいときはliebenを使うのが一番ベストだと思います。

では、”普通に好き”や”一般的に好き”、
嫌いではなくて、どちらかと言うと好き”のような時はliebenではなくて他の表現の方がいいと思います。

例えば、

mögen(ムーゲン)

gefallen(ゲファーレン)

gern haben(ゲールン ハーベン)

lieb haben(リーベ ハーベン)

などを使い表現します。

mögen・・・・えっ??と思った方がいらっしゃるかと思いますが、

mögenは『・・・かもしれない』や『・・・だろう』を表現する推量の助動詞としてよく使われていますが、『好む・好きである』という本動詞としても役割もあります。

動詞の変化は、助動詞と同じように。

★mögen 直説法現在

Ich mag

du magst

er/sie/es mag

wir mögen

ihr mögt

sie/Sie mögen

過去分詞は
gemocht(ゲモホォトゥ)

となります。

私はピアノ曲が好きだ
Ich mag Klaviermusik.
(イッヒ マグ クラヴィアムジーク)

私はリンゴよりオレンジの方が好きだ
Ich mag Orangen lieber als Äpfel.
(イッヒ マグ オランゲン リーバー アルス エプフェル)

彼らはゲームが好きだ
Sie mögen Spile.
(ジー ムーゲン シュピーレ)

コーヒーはお好きですか?
Mögen Sie Kaffee?
(ムーゲンジー カフェ?)

みんなマックが好きです。
Alle mögen Mac.
(アッレ ムーゲン マック)

お肉は好きではありません。
Ich mag keine Fleisch.
(イッヒ マグ カイネ フライッシュ)

などなど。。。

gefallenで『好き』表現するときは、

私はこの色もまた好きです。
Mir gefällt diese Farbe auch.
(ミア ゲフェールトゥ ディーゼ ファルべ アオフォ)

私はこの歌は好きです。
Mir gefällt dieses Lied.
(ミア ゲフェールトゥ ディーゼス リートゥ)

私はこの歌は好きではない。
Mir gefällt dieses Lied nicht.
(ミア ゲフェールトゥ ディーゼス リートゥ ニヒトゥ)

私はミュンヘンが気に入っています。
Es gefällt mir in München.
(エス ゲフェールトゥ ミア イン ミュンヘン)

いかがでしたか?(=好きでしたか?)
Wie hat es Ihnen gefallen?
(ヴィー ハット エス イーネン ゲファーレン)

とても気に入りました。
Es gefällt mir sehr.
(エス ゲフェールトゥ ミア ゼア)

「人の3格+gefallen」で「(物/人が)人の気に入る」という意味になります。

人の3格とは・・・

mir
dir
ihm/ihe/ihm
uns
euch
ihnen/Ihnen


gern haben動詞+gernで完成!簡単に表現できます。*lieb habenも同じように作ります。

私は一人でお散歩するのが好きだ。
Ich gehe gern alleine spazieren.
(イッヒ ゲーエ ゲルン アッライネ シュパツィーレン)

私はテレビを見るのが好きだ。
Ich sehe gern fern.
(イッヒ ゼーエ ゲルン フェアン)

私は食べるのが好きだ。
Ich esse gern.
(イッヒ エッセ ゲルン)

彼はテニスが好きです。
Er spielt gern Tennis.
(エア シュピールトゥ ゲルン テニス)

Liebe.jpg

さて、同じ例文で『mögen/gefallen/gern haben』を使い表現してみましょう。

@私はドイツ語が好きです

Ich liebe Deutsche.
(イッヒ リーベ ドイチェ)

Ich mag Deutsche.
(イッヒ マグ ドイチェ)

Mir gefällt Deutsche.
(ミア ゲフェールトゥ ドイチェ)

Ich habe Deutsche sehr gern.
(イッヒ ハーベ ドイチェ ゼア ゲルン)


どれも同じことを言っていますがliebeとmagでは”好き”のレベルがちょっと。違いますよね。

ドイツ語はいろいろな言い方があって面白いですね。

色々試してみて下さいね。

私が驚くほど上達したドイツ語学学習法はこちら




posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

ドイツ語:よく試験に出てくる『重要な再帰動詞の熟語』

今回は、よく試験などに出てくる『重要な再帰動詞の熟語』をもう一度チェックしてみましょう。

熟語は沢山ありますが、今回は特に重要なものを選びました。

再帰動詞なので、”sich”が必ずあります。

再帰動詞は3格の再帰代名詞をとるタイプと,
4格の再帰代名詞をとるタイプとがあります。

Ich ⇒ ★4格・・・mich  ★3格・・・mir

du ⇒ ★4格・・・dich  ★3格・・・dir

er/sie /es ⇒ ★4格・・・sich  ★3格・・・sich

Wir ⇒ ★4格・・・uns  ★3格・・・uns

ihr  ⇒ ★4格・・・euch  ★3格・・・euch

Sie/sie ⇒ ★4格・・・sich   ★3格・・・sich

となります。まずはこれをインプットして下さい。

ちなみに再帰代名詞は人称代名詞とは異なります。

参考までに以下人称代名詞の変化。

Ich ⇒★4格・・・mich  ★3格・・・mir

du ⇒★4格・・・dich  ★3格・・・dir

er/sie /es ⇒★4格・・・ hin/sie/es  ★3格・・・ihm/ihe/ihm

Wir ⇒★4格・・・uns  ★3格・・・uns

ihr  ⇒★4格・・・euch  ★3格・・・euch

Sie/sie ⇒★4格・・・ Sie/sie  ★3格・・・ Ihnen/ihnen

では以下重要:覚えておくべき熟語です。(読み方は動詞のみ書いておきます。)

前置詞を伴う場合

●sich überärgern(エルガン)『〜について怒る』

●sich bei (j3) für.... bedanken(べダンケン)『人に〜に対して感謝する』

●sich um …bemühen(ベムーエン)『〜を求めて尽力する』

●sich mit… beschäftigen /befassen(ベシェフティゲン/ベファッセン) 『〜に取り組む/従事する』

●sich über… beschweren(ベシュヴェーレン)『〜について苦情・文句を言う』

●sich für...entscheiden(エントシャイデン)『〜に決める』

●sich an…erinnrn(エリーネン)『〜を思い出す』

●sich auf…freuen(フロイエン)『〜を楽しみにする』

●sich über...freuen(フロイエン)『〜を喜ぶ』

注意が必要なものはこのfreuenです。

freuenは前置詞 überと auf の両方と組み合わせることができますが、意味が違ってきます。

überの場合は『すでに起こった出来事』に対する喜びを表現するときに使い、

aufの場合は『未来の出来事』に対する喜びを表現するときに使います。

例えば、

彼女はその知らせに喜んでいる
Sie freut sich über eine gute Nachricht .
(ジー フロイト ジッヒ ウーバー アイネ グーテ ナッハリヒトゥ)

子供たちは休暇を楽しみにしている。
Die Kinder freuen sich schon auf die Ferien.
(ディー キンダー フロイエン ジッヒ ション アウフ ディー フェーリエン)

●sich vor fürchten(フルヒテン)『〜を怖がる』

●sich an… gewöhnen(ゲボーネン)『〜に慣れる』

●sich für …interessieren(インタレジーレン)『〜に興味・関心がある』

●sich um… kümmern(キュンメン)『〜の面倒を見る』

●sich auf den Weg machen(デン ヴェック マッヘン)『出発する』

●sich(bei j3 )melden(メルデン)『(人と)連絡を取る』

●sich nach...sehen(ゼーエン)『〜を憧れる』

●sich auf vorbereiten(フォアベライテン)『〜の準備をする・心構えをする』

●sich über...unterhalten(ウンターハルテン)『〜について(楽しんで)話し合う』

前置詞を伴わない場合

●sich(3)...ansehen(アンゼーエン)『〜をよく見る』

●sich(3)...leisten(ライステン)『思い切って〜を買う』

●sich(3)...merken(メルケン)『〜を覚えておく』

●sich(3)...überlegen(ウーバーレーゲン)『〜について熟考する』

●sich(3)...vorstellen(フォアシュテレン)『〜を思い浮かべる・想像する』

freuen.jpg

個人的によく使うものは、interessierenmerkenüberlegenなどです。

私は音楽に興味がある。
Ich interessiere mich für Musik.
(イッヒ インタレージーレ ミッヒ フュア ムジーク)

私はこのコートを買おうかと思う。
Ich interessiere mich für dieser Mantel.
(イッヒ インタレージーレ ミッヒ フュア ディーザー マンテル)

私は彼の電話番号を覚えていなかった。
Ich habe mir seine Telefonnummer nicht gemerkt.
(イッヒ ハーベ ミア ザイネ テレフォンヌーマー ニヒトゥ ゲメルクトゥ)

よく考えた結果、私は意見が変わった。
Ich habe es mir anders überlegt.
(イッヒ ハーベ エス ミア アンダース ウーバーレーグトッ)

もちろんこれ以外にも熟語表現は沢山ありますので、少しづつ言える表現を増やしていきましょうね。

語学は勉強し始めて数年で完璧に話せるようにはなりません。もちろん日常会話程度の簡単な会話は半年くらいでできるようになると思いますが、語学上級者になるためにはどんなに記憶力がいい方でもやはり5年くらいはかかるのではないでしょうか。

この5年はひたすら単語を覚え、熟語を覚え、ドイツ語の構造を覚え、使える例文を増やすことで5年以降の語学の伸びがだいぶ変わってきます。

わざわざドイツに語学留学しなくても日本で、できることは沢山あるのです。

さあ、今日もドイツ語と向き合いましょう〜

私が飛躍的に上達したドイツ語学習法はこちら




posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする