王室御用達を意味するドイツ語

2017年09月15日

王室御用達を意味するドイツ語

13世紀から20世紀の初めまで約640年間にわたりヨーロッパを統治したハプスブルク家。

このハプスブルク帝国時代にできたドイツ語と言うのがあります。

それは・・・

K.u.K.Hofzuckerbäcker

この読み方は、

ケー ウント カー ホーフツッカーベッカー

と読みます。

K.u.K.Kaiserlich und Königlichカイザリッヒ ウントゥ クーニヒリッヒ)の略です。

Kaiserlichは『皇帝・帝国』と言う意味で

Königlichは『王国の・王家の・王室の』と言う意味になりますので、

K.u.Kを訳すと、”(旧オーストリア・ハンガリー帝国において)帝国及び王国の”と言う訳になります。ハプスブルク家を指しているということですね。

そして、

Hofzuckerbäckerは3つの単語を組み合わせてできた単語になります。

Hof は 『中庭・宮廷の

Zucker は 『砂糖

Bäcker は『パン屋

と言う意味になります。

この3つをつなげて一つの単語となります。

このようにドイツ語ではいくつかの単語を合わせ一単語にすることがよくあります。

なので、Hofzuckerbäckerを日本語に訳すと、”宮廷の菓子職人”とか”宮廷の製菓店”と言う感じになります。

と言うわけで、K.u.K.Hofzuckerbäckerは『王室御用達の製菓店』となります。

ハプスブルク家、王室御用達であるという意味です。

images6ONXRXDW.jpg

      (ハプスブルク家の宮殿)

例えば日本にも支店があるカフェの名店『デーメル』や『ゲルストナー』の正式名称は

DEMEL K.u.K.Hofzuckerbäcker(デーメル ケー ウント カー ホーフツッカーベッカー)

GERSTNER K.u.K.Hofzuckerbäckerゲルストナー ケー ウント カー ホーフツッカーベッカー

となります。

ハプスブルク帝国が置かれていたウィーンには、今現在でもたくさんの王室御用達店があるのですが

このK.u.Kが付くのはパン屋さんや製菓店のみのようです。

同じく王室御用達のブランド店で陶磁器メーカーのAugarten(アウガルテン)やクリスタル製品のLobmeyr(ロブマイヤー)にはこの略文字であるK.u.Kはついていません。

7ff2577837f3b73d8d4c4296b2451e56--pastry-shop-pastries[1].jpg

     (↑デーメルの看板)

imagesFSBR7DIM.jpg

     (↑ウィーン国立劇場真横のゲルストナー)

ところで、美貌の皇妃として有名なエリザベート(通称:シシィ)はストイックなまでに食事制限をしその美貌とスタイルを維持していましたが、彼女の部屋にはDEMEL(デーメル)や GERSTNER(ゲルストナー)のケーキが常に置いてあったとか・・・・

6868796560_7f8bb6f7a5_b.jpg

ハプスブルク家の都ウィーンに着たら是非このK.u.K.Hofzuckerbäckerと言う文字を探してくださいね!

私が飛躍的に上達したドイツ語学習はこちら




posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 06:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。