ドイツ語:『入れる』と言う表現

2016年11月08日

ドイツ語:『入れる』と言う表現

私が飛躍的に上達したドイツ語学習法はこちら

ドイツ語の『入れる』と言う表現はた〜くさんあります。

日本語なら、『空気を入れる』『手紙をポストに入れる』『水をバケツに入れる』『ポケットに手を入れる』『本を本棚に入れる』『リンゴを箱に入れる』そして『手に入れる(取得する)』も『頭に入れる』もぜ〜んぶ『入れる』と言う一単語で表現可能です。発音も同じです。

しかし、ドイツ語ではなんと、ぜ〜んぶ違うのです(涙)

私が持っている辞書を見てみると、『入れる』というドイツ語は以下のような単語が出てきます。

Bringenブリンゲン

Hineintunヒンアイントゥン

Einsetzenアインゼッツェン

Einstellenアインシュテレン

Einnehmenアインネーメン

Einschließenアインシュリッセン

Einpackenアインパッケン

しかし実際にはこれだけではありません。実は辞書には載っていない『入れる』と言う表現はたくさんあるのです。

では見ていきましょう〜

DSCN3875.JPG

空気を入れる
Frische Luft einlassen.
フリッシェ ルフト アインラッセン

*ちなみに『換気をする』ことをlüftenルフテン

手紙をポストに入れる
Einen Brief in den Postkasten einwerfen.
(アイネン ブリーフ イン デン ポストカステン アインヴルフェン )

水をバケツに入れる
Wasser in den Eimer gießen
ヴァッサー イン デン アイマー ギーセン

ポケットに手を入れる
Die Hände in die Taschen stecken
ディ ヘンデ イン ディ タッシェン シュテッケン

本を本棚に入れる
Einen Bücherschrasnk mit Büchern packen
アイネン ブッヒャーシュランク ミット ブッヒェン パッケン

林檎を箱に入れて送る
Äpfel im Kasten schicken
エプフェル イム カステン シッケン

*『入れて送る』は“送る”と言うドイツ語schicken(シッケン)の中に“入れて”が含まれていると考えてください。

お茶を入れる
Eine Tasse Tee zubereiten
アイネ タッセ テー ツーベライテン

お客を客間に入れる
Die Gest ins Empfangszimmer führen
ディー ゲステ インス エンプファングスツィンマー フーレン

手に入れる(取得する)
Bekommen
ベコーメン

頭に入れる
Im Kopf behalten
イム コプフ ベハルテン

宝石を指輪に入れる
Einen Edelstein in einen Ring einsetzen
アイネン エルドシュタイン イン アイネン リング アインゼッツェン

学校が生徒を入れる
Die Schule nimmt Schüler auf.
ディー シューレ ニムトゥ シューラー アウフ

*ここでのaufnehemは“入学させる”と言う意味。分離動詞。

親が子供を学校へ入れる
Die Eltern schicken ihr Kind in die Schule
ディー エルタン シッケン イーレ キントゥ イン ディー シューレ

中に入れて〜
Lassen Sie mich hinein!!
ラッセン ジー ミッヒ ヒンアイン

このように、シチュエーションにより表現がぜ〜んぶ違うのです。

『入れる』に関しては日本語よりも難しいですね。。

とにかくその場、その場のシチュエーションで使うべき表現を、ひとつづつ覚えていかなければなりません。

ここに紹介したのはほんの一部です。『入れる』と言う表現はこの他にもたくさんあります。

どれも日本語に訳すと『入れる』ではありますが、適当には使えないことを頭に入れておきましょう〜

私が飛躍的に上達したドイツ語学習法はこちら




posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 18:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。