ドイツの終業式

2016年07月01日

ドイツの終業式

私がドイツ語を飛躍的に上達させた勉強方法はこちら

ドイツ(ドイツ語圏)でも、ほとんどの学校が終業式というものを行います。流れとしては、日本のように全生徒を集めて校長先生がお話して・・・という感じです。

学校により、地元の教会の神父様もしくは牧師様が来て、神様のご加護とともに1年の就業をするところもありますが、ミサをするわけではありません。

ドイツ語で(学校の)就業・授業終了のことをSchulschlussシュールシュルッス)といいます。定冠詞は男性名詞のderです。

学校:Die Schuleシューレ) と 

終わる:Der Schlussシュルッス

からできています。

一番最後についた単語の定冠詞がその単語の定冠詞になるため、

Der Schulschlussとなります。

終業式は die Schlusszeremonie(シュルッスツェレモニー)と言います。

先日息子の通っている学校から、就業式に関するお手紙がきましたので一部を紹介します。

Am Freitag,1.7.2016,ist Schlschluss.Um 8:00 Uhr feiern wir im Schulhof ein säkulares Fest für alle,auch für Eltern.Um 9:40 werden die Kinder entlassen.

訳:2016年7月1日金曜日授業終了となります。8時に学校中庭にて宗教には関係なく、すべての子共、そしてすべての親に対し就業のお祝いをします。9時40分解散です。

ではでは、このお手紙を分析してみましょう〜

Am Freitag,1.7.2016,ist Schlschluss.
(アム フライターク、エルステ、ユリ、ツヴァイタウザントゥゼヒツェーン 、イストゥ シュールシュルッス)

*日にちの読み方に注意。1は“アイン”ではなく“エルステ”となります。

*7月はJuli(ユリ)と言います。6月はJuni(ユニ)。間違えやすいので注意。

ドイツ語の場合日時を明記するとき曜日⇒日にち⇒月⇒西暦”の順番で書きますので、

Am Freitag,1.7.2016となります。Am Freitagと1.7.2016の間はドット(点)ではなくてコンマ「,」ですので注意してください。


ist Schlschluss. は「授業終了です。」になります。

Um 8:00 Uhr feiern wir im Schulhof ein säkulares Fest für alle,auch für Eltern.
(ウム アハト ウーア ファイアン ヴィア イム シュールホーフ アイン セクラレス フェスト フュア アッレ、アオホ フュア エルターン)

Schulhofシュールホーフ)とは「学校の中庭」

Säkularセクラー)辞書を引くと意味は「俗事」「世俗の」「非宗教的な」と出てきます。

ドイツを含めヨーロッパの多くの公立の学校では、キリスト教徒のお子さんだけではなく、多くの宗教の子供たちがいますので 「宗教には関係なく・非宗教的な・教会ではなく」という意味がある säkularを使っています。

ein säkulares Fest für alle,auch für Eltern.
すべての子供そして、親に対し、教会には関係なく・非宗教的なお祝い

となるのです。

注意:宗教には関係ない終業式でも、地元の教会から神父様などが来て、お話をすることもあります。

schulschluss.png

ドイツ・オーストリア・スイスの学校は9月に始まり6月半ば、もしくは7月半ばくらいには終了します。国や州により多少始まる時期と終わる時期は異なりますが、基本的には9月始まりの6月末までです。

夏休みは6週間から2カ月あり、大抵の学校では夏休みの宿題はありません。休む時は思いっきり休む!という国民なのです。

そしてSchlusszeremonie:終業式が終わると解散です。

お友達や先生と別れる時には、Schöne Ferien!(シューネ フィーリエン)と言いましょう!

意味は「素敵な休暇を!」です!!

私がドイツ語を飛躍的に上達させた勉強法はこちら





posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。