ドイツ語の"Weg"と"weg"

2016年06月06日

ドイツ語の"Weg"と"weg"

私がドイツ語を飛躍的に上達させた勉強法はこちら

小文字で始まる" weg "は「ヴェック」と発音する副詞です。

手元にある『クラウン独和辞典』を引いてみると

@(空間的に)離れて 
Hände weg!
触るな
Weg mit euch! 文頭なのでWは大文字
おまえらうせろ
Weg da!
そこをどけ

これらの用例は、刺激が強すぎるので教科書に出てくることはまずありません。けれども、

" Der Schlüssel ist weg."
「鍵がなくなった」

" Das Buch war schnell weg. "
「この本はすぐに売り切れてしまった」

などように不在をあらわす用法は、日常会話でも必須です。

その他にも、weg は動詞とくっついて、weglaufen (逃げ去る) wegnehmen (奪い去る) など複合動詞を作る分離動詞の前つづりにもなる顔の広い単語です。

一方、大文字のWではじまる "Weg" は「ヴェーク」と発音する男性名詞。

" Der Weg führt zur Post. "
「この道はポストに通じている」

" Der Bahnhof liegt an meinem Weg."
「私は駅の前を通る」

Fuß (足)+ Wegで で、Fußweg「歩道」 、Luft(空気)+ Weg でLuftweg 「空路」のように、他の名詞とくっ付いて複合名詞にもなります。

一般に日本語には、市場(しじょう/いちば)生物(せいぶつ/なまもの)などのような同字異義語はざらにありますが、ドイツ語では Weg と weg のような単語は非常に稀です。

また、次の例文のように"weit weg" (ヴァイト ヴェック) 「遠く離れて」という組み合わせもよく使われます。

" Ich lebe weit weg vom Stadtzentrum."
「私は街の中心から遠く離れてたところに住んでいる」

Weg (道)を尋ねるとき
に頻出する組み合わせです

「ヴェック」と「ヴェーク」。

ちょっとまぎらわしい!という人は、英語でいうところのwayとawayの関係だと言えばイメージしやすいでしょう。

私がドイツ語を飛躍的に上達させた勉強法はこちら




posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 01:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はカフカを原典で読むためにドイツ語を学んでいます。しかし、カフカへの道は長そうです。こんな場合でもWegは使えるのでしょうか?
Posted by Stein at 2016年03月01日 14:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。