ドイツでスピード違反

2015年12月30日

ドイツでスピード違反

私がドイツ語を飛躍的に上達させた勉強法はこちら

このあいだ私が車を運転していたときのことTempo 50 (時速50キロ)制限のところをうっかりと少し速く走っていたら、ピカリ💥と赤っぽい光が見えました。

ドイツの道路にはいたるところにTempomessgeräteテンポメスゲレーテ)というスピード違反を取り締まる機械が設置されているのです。

b.png

ピカリと光るのはフラッシュで写真を撮られるからなのですが、その箱の前でスピード制限に違反するとほぼ100%捕まり、その数週間後には自分の顔写真付き罰金の請求書が自宅に送付されるという仕組み。

警察がいようがいまいが、あるいは運の良し悪しなどにも全く左右されないのは、ある意味でとてもドイツらしいところです。

一般道ではなくAutobahn(アウトバーン)では、スピード制限がある区間もあるのですが無制限という日本ではお目にかからない標識もあります。

ende-aller-streckenverbote.jpg

上のような標識のあるところではスピード制限は解除され、レース車のような速度での走行が可能になります。

私はスピードにはあまり興味がなく、むしろゆっくり走りたいと思うのですが、あまりにも遅すぎると周りに迷惑をかけるのは悩ましいところです。

ちなみにこのあいだの罰金は15ユーロ...

ich bin geblitzt worden!
 イッヒ ビン ゲブリッツト ボルデン

直訳は、私はフラッシュを使って撮影されたですが、意味は速度制限を違反したということになります。

ちなみに上の例文は現在完了形の受動文で、seinの現在人称変化形に過去分詞が結びついたものが「現在完了形」、それに受動の助動詞werdenの過去分詞形が加わり受動態を作っています。

ドイツで運転する際は一般道のBlitzerブリッツァーフラッシュを発光する機械に十分にお気をつけてくださいね。✋

私がドイツ語を飛躍的に上達させた勉強法はこちら




posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。