ドイツ語ですみません

2015年12月28日

ドイツ語ですみません

私がドイツ語を飛躍的に上達させた勉強法はこちら

すみませんという日本語はいろんな場面で使えますよね。

例えば、ちょっと相手に触れてしまったとき、人の前を通ったとき、あるいはクシャミをしてしまったときに

「すみません」


ということがでます。

この場合の「すみません」は深く謝罪したいわけではなく相手に意識を向けているだけのことで礼儀的なものです。

あるいは相手の意識をこちらに向けたい場合も、

「すみませんが、郵便局はどちらでしょうか?」

などと言いますよね。

この場合のドイツ語表現は

Entschuldigung!
エンシュルディグン

特別に丁寧に言いたいときは

Entschuldigen Sie!
エンシュルディゲン ズィー

と敬称のSieを入れます。

日本語では「ごめんなさい」というとき「すみません」も使えますが、ドイツ語では「すみません」と「ごめんなさい」は区別されています。

何か悪いことをして「ごめんなさい」と謝りたい場合は、

Es tut mir Leid.

エス トゥート ミア ライド

あるいは単に

Tut mir Leid.

と言います。

Leid の第一義は心痛、苦しみ、tut の原型がtun (する)という動詞でで、それは私にとって(=mir) 残念で悔やまれることだとなって総じて「ごめんなさい」と謝る表現になります。

Entchuldigun. やTut mir Leid. は人間関係を円滑にするための大切な表現の一つ。

ちょっと悪いことをしたなと思うときにとりあえず謝っておくと、まぁいいかと許してもらえることもあるのは、どの国でも同じことです。

私がドイツ語を飛躍的に上達させた勉強法はこちら


posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 02:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっとしたことでコミュニケーションは 円滑になるものなのですねえ。
Posted by Stein at 2015年12月31日 01:34
初めまして。こんにちは。
俺は今ドイツ語を勉強していて、このサイトを使わせて頂いています。凄くわかりやすくて有難いです!
日常会話に使える文や、細かい物も知りたいなと思っています。ですので、もし良かったらそういった記事も製作していただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。
Posted by 前 at 2016年08月17日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。