ドイツ語「どっちでもいい」

2015年11月19日

ドイツ語「どっちでもいい」

私がドイツ語を飛躍的に上達させた勉強法はこちら

よく「日本人はイエスかノーをはっきり言わない」と批判されますよね。

ドイツでも “Ja oder Nein?” と迫られることは多々あるんですが、やはりどちらでもいいことって結構あるんです。

さて、ドイツ語で「どっちでもいいよ」と言いたいときは、

Das ist mir egal.
ダス イスト ミア エガール

「ほんっっと、どーでもいー」と言いたい場合は、

Das ist mir ganz egal.
ダス イスト ミア ガンツ エガール

と ganz(まったく、完全に)に気持ちを込めましょう。簡単ですね。

ほかに素敵なのは、

Das ist mir Wurst.
ダス イスト ミア ヴルスト

という表現。これを直訳すると、

それは私にとってソーセージです。

これでつまり(全くつまってないが)「どちらでもよい」という意味...

さすがはソーセージの国です。

もう一つ、若者たちが使うかもしれないのは “Rille” (リレ)。

これはレコードの表面の溝のことなんです。

Das ist mir Rille.
ダス イスト ミア リレ

ドイツ語で「どちらでもよい」って表現、ほんとうは何でもいいんじゃないかという気がしてきませんか

私がドイツ語を飛躍的に上達させた勉強法はこちら





posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 04:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。