ドイツ語「寒い!」

2015年11月17日

ドイツ語「寒い!」

私がドイツ語を飛躍的に上達させた勉強法はこちら

ドイツの11月半ばは、秋も深まり... というより、ほぼ完全に秋は過ぎ去って冬がきています。

けれども今年は例年に見られないほど暖かいそうで “Keine weiß Weihnacht?”🎄 (ホワイトクリスマスにはならないかも?)とささやかれるほどなのです。

暖かいといってもそれはもちろん比較的ということで、やはり朝夕は冷え込むので、寒がりな私はHeizung(暖房)なしでは生きてはいけません。

ドイツ語で「寒〜い!」と言いたい時は

Mir ist kalt.
ミア イスト カルト  

英語を勉強した人は “I am cold.” に引っ張られて * Ich bin kalt.* とやってしまいがちですが、そう言うと意地悪ドイツ人から、

“ Bist du schon tot?”(あなたはもう死んでしまったのですか?)

とニヤリとされるかもしれませんね。💢

本来ならば、形式主語の es を用いて Es ist mir kalt. とすべきところですが、寒い時に長い文を言いたくないのでしょう、余計なものは省略されています。


この他にも「寒い」という表現があります。それは、

Es ist frisch.
エス イスト フリッシュ 

形容詞 frischは、例えば空気や食べ物が「新鮮な」という意味で使われるので、私はこれを初めて聞いたとき、一体なにが新鮮なの!と思ったものですが、frischには「ひんやりした」という意味もあるんです。

けれどもよくよく聞くとfrischはkaltより寒くないそうで、寒さ度合いを図式にするとこんな具合になります。

frisch < kalt

寒い土地ならではの細やかな表現、ということでしょうか。何度以下からkaltを使うのかは人それぞれでしょうけれども。

私がドイツ語を飛躍的に上達させた勉強法はこちら





posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 05:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。