ドイツ語 春の味覚 Spargel

2015年04月24日

ドイツ語 春の味覚 Spargel

私が飛躍的に上達したドイツ語学習法はこちらぴかぴか(新しい)

長い冬が終わり春の息吹とともに、市場に顔を出す“白くて細長い野菜”があります。

売られているのはSpargelシュパーゲル)!

この時期になると街の中心や道路わきに小さな小屋が立てらてSpargel(シュパーゲル)が売られ始めます。朝取りのアスパラガスの直売店です。

Spargel.jpeg

Spargel とはアスパラガスの事です。ドイツではアスパラガスといえば、白!!というくらいグリーンアスパラよりも親しまれています。

発音は、シュパーゲルです。(Spargelと書くが読み方はスパーゲルではない)

ドイツ人にとってはこのアスパラガスは特別な食べ物。

冬が長いドイツに住む人にとって春の訪れは本当に嬉しいもの。アスパラガスが売られ始まるとなんだか気分もルンルンしてしまうほどです。るんるん

このアスパラガス、実はとても高価な野菜なんです。目

輸入産は比較的お手ごろな値段ですが、ドイツ産となれば1キロ7〜8ユーロ、高いものだと10ユーロ以上します。

しかし、ドイツ人はどんなに高くてもドイツ産にこだわり、普段はケチ(倹約好き!)な彼らもこの野菜にだけは惜しみなくお金を出すのです。一度食べれば判りますが、やはり輸入産とは比べ物にならないほどやわらかく美味しいのです。

調理法と食べ方

根元部分を1〜2センチくらい切り落とし、穂先から根元に向かい皮を剥きます。(絶対に皮を剥いてください。剥かないと白アスパラガスは硬くて食べられません。注意:グリーンアスパラガスは根元部分だけ皮を剥いてください。)

沸騰したお湯の中にButter(ブッター:バター)、Zucker(ツッカー:砂糖)、Salz(ザルツ:塩)を入れ15〜17分茹でて、溶かしバターもしくはHollandaisesoße(ホーランデーゼソーセ)と呼ばれている卵黄とバターでできた濃厚なソースをつけていただきます。(注意:Hollandaisesoßeは超高カロリーなのでカロリーが気になる方はカロリー控えめのButterのほうがいいかも。)

Hollandaise.jpeg

そして茹でたKartoffel(カルトッフェルン:ジャガイモ)とSchinkenシンケン:ハム)を添えていただきます。Spargelがメインなお料理です。

Spargel2.jpeg

Spargelはドイツ国民に最も人気がある野菜“Volksgemüseフォルクスゲムーゼ)”とも呼ばれています。

また、ドイツのシュパーゲルのシーズンは、例年4月の上旬頃に始まり、6月24日(洗礼者ヨハネの祝日)に終りを告げます。この時期にのみ食べられる、まさに貴重な旬の野菜なのです。

シュパーゲル料理は少し高めですが、日本ではなかなか味わえないとてもドイツらしい食材なので、この時期にドイツ旅行をされる方はぜひ試してみてくださいね!

お土産にはインスタントのSpargelcremesuppeシュパーゲルクリームズッペ)もお勧めです。1ユーロ前後でスーパーで簡単に購入できますよ。

Spargelcremesuppe.jpeg

注:アスパラガスを食べると尿の匂いがきつくなると感じる人が多いようですが、これはアスパラガスの成分が一つの原因だそうです。翌日には匂いも消えますので心配しないでくださいね。

私が飛躍的に上達したドイツ語学習法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 19:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Ich mag Ihr Thema. Ich freue mich auf das Update. 教科書にないドイツが知ることができ、嬉しいです
Posted by alisa at 2015年07月15日 17:23
興味深く拝読しました。
こらからもブログを、楽しみにしています。
Posted by at 2015年08月14日 16:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。