ドイツ語:帽子の種類

2015年01月29日

ドイツ語:帽子の種類

私が飛躍的に上達したドイツ語勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

ドイツ語で“帽子”という場合、数種類の言い方があり、どれも違う種類の帽子を指していますので注意してください。

Der Hut(フット)・・・一般的な帽子の事を指して

Hut.jpeg

Die mützeムツッツェ)・・・つばのついていない帽子

mütze.jpeg

Die Haubeハウべ)・・・頭巾・ボンネットタイプの帽子

Haube.jpeg

Die kapuze(カプッツェ)・・・コートや洋服などにすでについている帽子

kapuze.jpeg

だいたいこの4種類に分かれます。

南ドイツやオーストリアではHutという言い方より、帽子はmützeやHaubeのほうが主流かもしれません。

特に、小さな子供が冬にかぶる防寒用の帽子はほとんどの方が、Haubeと言っています。

では帽子に関する身近な例文。

帽子をかぶる
Den Hut aufsetzen/anziehen
(デン フゥト アウフゼッツェン/アンツィーエン)

anziehenは洋服を着るときや、何か身につけるときに使いますので、帽子をかぶる時もこのanziehenでもOK。

あなた帽子をかぶりなさい!
Du musst die Huabe anziehen!
(ドゥー ムストゥ ディ ハウベ アンツィーエン)

帽子をとる(挨拶のために)
Den Hut abnehmen

ausziehen(脱ぐ)という動詞でもOK

帽子とって!
Du musst die Haube ausziehen!
(ドゥー ムストゥ ディ ハウベ アウスツィーエン)


ヨーロッパの女性は高齢になると、夏はつばの大きめ帽子、冬はフェルトなどの素材でできた華やかな帽子をかぶり、外出される方が多くいつ見ても素敵だなと思います。

ドイツに来たら是非帽子売り場に行ってみてください。種類も豊富で、日本にはないアイテムをお手ごろな値段でゲットできますよ。

私が飛躍的に上達したドイツ語勉強法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。