ドイツ語でビール

2013年04月03日

ドイツ語でビール

諦めていたドイツ語をマスターできた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

ドイツと言えば、ビールですよねビール

イメージ通りドイツ人はよくビールを飲み、年間で言うと、日本人の2倍以上のビールを消費していると言われていて、種類も豊富で、2千以上はあります。

本場ドイツでビールを楽しめるように、ビールに関するドイツ語を覚えておきましょう。

(1)基本的な単語
・Bier(ビーア): ビール

・vom Fass (フォン ファス):生ビール
直訳すると「樽から」、つまり生ビールのことで、ビールサーバーから注いだものを言います。

・Weißbier(ヴァイスビーア):白ビール
いわゆる“小麦ビール”で、小麦を50%以上使用して醸造したビールです手(パー)

・Schwarz(シュバルツ):シュバルツ
ドイツ語で“黒”という意味ですが、ドイツビールの銘柄名としてそのまま使われていますね。

日本で言う“黒ビール”よりももっと真っ黒です!

・Oktoberfest(オクトーバーフェスト):オクトーバーフェスト
ドイツのミュンヘンで、毎年9月中旬から10月上旬に行われている、世界最大のドイツのお祭りとして有名ですよね。

最近では、日本各地でも開催されるようになってきましたイベント

この単語はお祭りの名称ですが、“このお祭りの為だけに作られた限定”のビールの名前でもあります。

・groß(グロース): 大きい

・klein(クライン): 小さい

(2)役に立つフレーズ
・Ich möchte ein grosses Glas Bier.(イッヒ メヒテ アイン グローセス グラース ビーア):大きいグラスのビールをください。
grosses Glas Bierの部分を、kleines Glas Bierに変えると“小さいグラス”ですね。 

因みに、Flaschenbier(フラッシェンビーア)は、瓶ビールのことで、普通、500mlサイズの瓶が出てきます。

・Trinken wir zusammen Bier?(トリンケン ヴィーア ツザメン ビーア):一緒にビールを飲みましょうか?手(グー)
日本語の「一杯どう?飲みに行こう」と言う感じのフレーズに当たります。

また、「とりあえずビール」ではなく、ずっとビールを飲み続けるのもドイツ人の特徴です。

25720a0cd27c[1].jpg


・Eine Currywurst und eine Bier, bitte.(アイネ ケリーヴルスト ウント アイン ビーア ビッテ):カリーヴルストとビールをください。
Currywurst(カリーヴルスト)とは、ドイツ料理の1つで、分かりやすく日本語風に言うと“カレーソーセージ”になります。

ドイツソーセージの上に、カレー粉とケチャップを載せただけの、簡単なおつまみですが、有名な大衆食で、ビールによく合いますよグッド(上向き矢印)

諦めていたドイツ語をマスターできた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。