名詞の複数形C−無語尾式

2011年01月06日

名詞の複数形C−無語尾式

英語も話せなかった私が、たった3か月でドイツ語を習得した方法はこちらぴかぴか(新しい)

名詞の複数形4つ目は、複数形になっても形が変わらない「無語尾式」です。

ただし、ややこしいことに一部の名詞はウムラウト化します

また、無語尾式の特徴として、女性名詞はdie Mutterとdie Tochterの2つだけとなります。

これ以外の女性名詞はありません。

語尾に何も付かないとはいっても、ウムラウト化するものもありますのでそういうものは発音が変わります。

例:
die Mutter ムッター → die Mutter ミュッター 
die Tochter トホター → die Tochter テヒター
der Vater ファーター → die Vater フェーター
der Bruder ブリューダー → die Bruder ブリューダー

いかがでしょうか?

「母音(a,u,o)のあるものは全部ウムラウト化して発音が変わるってこと目?」

いえいえ、上の方にも書きましたとおり、der CD-Player(CDプレイヤー)やder Fahrer(運転手)などのように、母音が入っていてもウムラウト化しないものもありますので要注意です

つまり無語尾といっても、形は変わるかもしれないのです

「なんてややこしい・・・。だいたい複数形とか種類が多すぎてどれがどれに入るのか全然わかんないんですけどふらふら

そう、ややこしいですよね、なんせ5種類もあります。

でも、前述した3つの複数形(-er式、-e式、-en式)はそれぞれ、一音節の中性名詞はこのグループに入りやすいとか、女性名詞の大部分はこのグループに入るなど特徴がありました。

また、次にやる最後の複数形「-s式」は外来語のみになりますので、
これらのどれにも当てはまらなかったら、無語尾式の可能性は高いです


現在の時点で名詞の複数形の話までするのはちょっと難しいかもしれませんが、今はこんなものがあるんだ、という風に認識していただけたらと思います。

4級を目指す時点では、試験で直接聞かれることはめったにありませんが、やはり長文などではでてきます。

そこで「登場人物何人いるの?」と思うよりも「あ、複数形だから2人以上ね手(チョキ)」と思っていただけると、理解度が違います。

次はいよいよ最後の複数形「-s式」。

ここまでやった複数形をもう一度整理して、復習してみましょう。

無語尾式の特徴
・女性名詞はdie Tochter(娘)とdie Mutter(母)だけ。
・一部のものはウムラウト化する。


英語も話せなかった私が、たった3か月でドイツ語を習得した方法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 14:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。