名詞の複数形B−語尾に(e)nをつける

2011年01月05日

名詞の複数形B−語尾に(e)nをつける

英語も話せなかった私が、たった3か月でドイツ語を習得した方法はこちらぴかぴか(新しい)

3番目のグループは語尾に(e)nをつけるものです。

(e)nと書いているのは、その単語の語尾がdie Dame(婦人)のように最初から-eの場合はnを、die Person(人物・人柄)など語尾が-eで終わっていない場合は-enをつけるからです。

このグループの特徴は女性名詞のほとんどがこの複数形の形をとる
ということです。

それでは例題です。それぞれの単語を複数化させてみましょう。

@die Uhr 時計 Adie Socke 靴下 Bder Mensch 人間 
Cdie Tasche かばん


いかがでしょうか。ウムラウト化はしませんので、ただ語尾に-enをつけるだけでOKです。

答え
@die Uhren ウーレンAdie Socken ゾッケン
Bdie Menschen メンシェンCdie Taschen  タッシェン  


これで複数形の半分が終わりました。

「まだ半分がく?(落胆した顔)!?」

いえいえ、あとの二つは無語尾形といって、複数形になっても形が変わらないものと、英語と同じように語尾に-sをつけるものになりますので最初の3つよりぐんと簡単です。

ここまで理解できたなら大丈夫手(チョキ)

複数形はごっちゃになりやすく、どの単語がどのグループに入るかが明確に定まっていないので大変ですが、ここまでやってきたことを整理して何度も繰り返して自分のものにしていきましょう。

-(e)n式の特徴
・女性名詞の大部分がこのグループに入る(音節の長さに関係なく)


英語も話せなかった私が、たった3か月でドイツ語を習得した方法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 00:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。