重要なのに無視されるー並列接続詞について

2010年12月31日

重要なのに無視されるー並列接続詞について

英語も話せなかった私が、たった3か月でドイツ語を習得した方法はこちらぴかぴか(新しい)

以前説明した平叙文(疑問文ではない普通の文)には二種類あります。

それは主文副文

主文は「キミは男前だ」と、それだけで成り立つ文

副文主文に属する文

例えば「何故なら鼻が高いから」など、それだけでは何のことやら分からない文です。

長い文を作るとき、@主文主文A主文副文B副文主文という形がありますが、今日は@主文+主文のお話です。

主文+主文は並列接続詞を使おう

「キョウコは美しいキスマーク」「キョウコは賢いペン」この二つをくっつけたい場合
「キョウコは美しい、そして賢いぴかぴか(新しい)」となります。

この、二つの文をくっつける接着剤的役割をはたしてくれるのが並列接続詞

例えばund(そして)、oder(あるいは)などの言葉。

この並列接続詞の最大の特徴は、
あってもなくても文章の語順に影響を与えないということです


例えば上の文章。

Kyoko ist schon.」(キョウコは美しい)+「Kyoko ist klug.」(キョウコは賢い)
Kyoko ist schon und sie ist Klug.

どうでしょう。それぞれの文の語順が全く変わってませんね。
(ドイツ語は同じ言葉が何回も出てくることを嫌うので、2回目のKyokoはsieに変化させました。)

もっと簡単に「 Kyoko ist schon und klug」といってもOKです。

このように、文の中で重要な意味を果たすけれども、語順は気にせずにただ真ん中に入れればいいのが並列接続詞です

並列接続詞は他にもこんなものがあります。

(nicht・・・,)sondern〜 ・・ではなく〜
Er mag nicht AKB,sondern smileage.
(彼が好きなのはAKBではなくスマイレージだ)

denn・・ ・・というのは
Er mag nicht Madchen,denn er mag alte Frau.
(彼はロリコンではない、というのは熟女好きだからだ)

weder・・noch~ ・・でもなく、〜でもない
Er ist weder reich noch klug.
(彼は金持ちでもなければ賢くもない)

どうでしょうか?

難しく考えずにただつなげたい文の真ん中にぽんっと入れればOK手(チョキ)

熟語類は暗記する必要がありますが、数も少ないし、語順等は変わらないので使い方さえ覚えれば簡単です。

ドイツ語検定で、「(  )の中に入れる言葉を選びなさい」などのような質問をされることはあまり無いのですが、長文などでこれらの意味をきちんと理解していないと文章の意味を大きく取り違える可能性があります

特に「weder・・noch~ 」は、否定の意味で使うということを知っていなければ全く違った意味で取ってしまいそうですよね。

「大野君は歌が上手い、そしてダンスも上手いぴかぴか(新しい)」「うちの弟は松潤でもなければ、桜井翔でもないバッド(下向き矢印)」など、身近なことで練習をしてみましょう。


英語も話せなかった私が、たった3か月でドイツ語を習得した方法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by ドイツ語上達人ゆうこ at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。